あえて酒を飲まない選択もあり!?

2019-5-10

異性から好かれたいとか、いい印象を持たれたいとか、そういうふうに考えるのは誰だって同じです。でも、特に異性に好かれるというのは口で言うほど簡単なことではないのです。異性に好かれる人とそうでない人、その差はいったいどのあたりにあるのでしょうか? 異性にモテたければまず、実際にモテている人の言動を参考にしてみると良いかもしれません。

下心が透けて見えるようなほめ方はNG!

異性に好かれたければ、まずは相手を褒めること。これは鉄則として考えられます。しかし実際のところ、合コンで顔を合わせる相手というのはたいていが初対面か、あるいはまだお互いのことをよく知らないような関係です。そんな相手のことを褒めるというのはどういうことなのでしょう。ちょっと想像しただけでも、これはかなり難しいことなのではないかというのが想像できます。

異性を褒めるのはとても重要なことですが、かといってほめ過ぎるのもダメです。だいたい、よく知らない相手のことを勢いだけに任せてほめようとしても、それは相手から見れば、わざとらしい態度としか思えないでしょう。こいつは絶対ハラに一物があるなと、下心が透けて見えてしまいます。

わざとらしいほめ方だと思われないようにするにはどうすればいいのか? 簡単です。相手が褒めてほしいと思っているポイントや、本当の意味での相手の長所をきちんと見つけてほめればいいのです。しかし、それほど親しくない相手の長所を探すのは、とてもむつかしいこと。だからこそ、相手の話をまずはしっかり聞いて、ターゲット(という言い方もおかしいのですが)が「どういうポイントを褒めてほしがっているのか」とか「どういうことを言えば相手は喜ぶのか」ということをしっかり見極めるようにしましょう。とはいえ、異性とのコミュニケーションは特に経験を積まなければ難しいものなので、初心者のうちは失敗覚悟ですね。最初のうちからそつなくコミュニケーションを取ろうと気負い過ぎる必要はありません

下ネタも避けるべき!

これは当然のことだと理解している人も多いでしょうが、特に異性に対して下ネタをぶっ放すのはダメです。そんな、下ネタなんて言うわけないじゃんと笑う人もいるでしょうが、何しろお酒が入っている席では、自分でもほぼ無意識のうちに下ネタを口走ってしまう恐れがあります。また、自分では下ネタを言っているつもりがなくても、相手には下ネタに聞こえてしまうということも考えられます。

下ネタを気にしすぎて(というか、相手に悪い印象を持たれてしまうのを恐れすぎて)まっすぐにコミュニケーションを取れなくなってしまうのは怖いですが、それでも、下ネタを口走ってしまうリスクがあるなら、余計なことは何も言わずに黙っているのが得策でしょう。

唯一、下ネタが許されるシチュエーションとして考えられるのは、相手の方から下ネタでからんできた時だけですね。こういう時は、むしろ自分の方がその下ネタをうまく拾ってあげないと、相手の子に帰って嫌な思いをさせてしまう恐れがあるのです。こういうことを考え始めると、異性とのコミュニケーションって本当に難しいですよね。