自宅で馬刺しパーティーを開いて出会いの場に!

2014-9-30

日本の初婚年齢は毎年上昇していますが、そんな影響もあって、今は「婚活」が大ブーム。あちらこちらで、さまざまな趣向の出会いのパーティが催されています。ただ、毎度同じようなものだけでは、面白くありません。ちょっと変わったパーティを開いて、大勢の男女に参加してもらいたい、話の弾む会にしてみたい、とお考えの人もいることでしょう。そんな人にお勧めなのが、「馬刺しパーティ」です。

馬刺しは、低カロリー・高タンパクな上に、鉄分やグリコーゲン、ビタミンなども豊富で、健康志向の女子にも大人気の食材です。美味しくてヘルシーな馬刺しは、パーティ参加者の興味を引くこと間違いありません。食材そのものが話題のネタにもなりますので、食べながらの会話も盛り上がること必至です。通販でも購入できますので、熊本や会津などの名産地から直送で購入すれば、良い食材も手に入れられます。是非一度、企画してみてはいかがでしょうか?

馬刺しの調理方法は?

ブロックで馬刺しを購入しても、どう切ればいいのかわからない、という人のために切り方をご案内します。基本的には、かまぼこを切るのと同じようにカットすれば良いのですが、馬肉の部位やタイプによって、多少切り方を変えた方が、より美味しくいただけます。

ヒレは特に肉質が柔らかいので、ある程度厚く切った方が良いでしょう。7ミリくらいの厚さを目安にしてください。ロースも比較的柔らかいので5ミリくらい、モモ系の肉は肉質がしっかりしているので、3ミリ程度の薄目に切ると良いでしょう。

バラ系の肉はモモほどの厚さ(高さ)がないので、普通にカットすると切り身が小さくなってしまいます。包丁を斜めに入れて、ある程度大きな切り身にすると見た目がきれいになります。カットが面倒、という人は「切り身」で購入するのも一つの手です。通販では、ブロックも切り身も販売されています。

馬刺し寿司、馬刺しユッケ、馬刺し納豆などのメニューもグッド!

ロース、バラ、モモ、ヒレ、コウネなど色んな種類の馬刺しを並べて味比べをするのも良いですし、さらに一工夫加えた料理を作るとバラエティが広がります。寿司やユッケ、馬刺しのみじん切りに納豆を加えた馬刺し納豆なども用意してみましょう。

馬肉をよくたたいて「なめろう」にしたり、少し強火で炙って「たたき」にするのも面白いアレンジです。「馬刺し」という食材だけで、さまざまな料理ができますので、色々と試してみてください。

馬刺しは女子に人気の健康食材です。馬刺しを活用した出会いのパーティを催せば、きっと多くの参加者に喜んでいただけるはずです。馬刺しという食材だけで、さまざまなメニューが作れますので、ぜひ企画してみましょう。