エロトークでセックスへのハードルを下げる合コンテクニック

2014-9-1

エロトークを適度に混ぜておけば女性との距離は近づき、ベッドインできる可能性が高くなります。合コンにおいて会話というのは最も重要なパートです。仲良くなることができなければ場の雰囲気は盛り上がりませんし、恋愛にまで発展することはないでしょう。事前に会話ネタを仕込んでおくこれはもう鉄則ですが、それ以上に会話のハードルを下げるというのも重要なポイントになります。

合コンでは会話が最も大切!

人間どんな人でも相手の考えていることを全て理解することなんてできません。ましてや性別の違う男女の間には期待や不安などいろいろと入り混じって分かり合うことは非常に難しくなっています。男と女の溝を埋めるためには会話をしてお互いのことを理解していくということが必要なのです。
合コンにおいても基本的には同じ考え方になります。コミュニケーションをとってお互いのことを理解し、楽しい雰囲気をつくっていくことがお持ち帰りへと導く王道となります。

会話のハードルを下げることの効果

コミュニケーションを取ると言っても、ただやみくもに会話をしていてはいけません。どんなにおもしろいネタであっても、場の空気を読まなくてはウケませんし、開始当初にいきなり突っ込んだ話を切り出しても誰も相手になんてしてくれません。
合コンでのノリの良い会話というのは一見、無秩序ではありますが、猛者たちは緻密な計算を持ってことにあたっています。お持ち帰り率の高い人たちというのは会話のハードルを下げるのが上手です。たとえば、自己紹介の段でちょっぴりおバカなことを言えば「面白いことを言っても良い」という空気ができあがります。会話の中で過去の失敗談を入れ込めば「恥ずかしい話もあり」となるでしょう。
こうすることでその場のネタのハードルを下げることにつながり、徐々に深い話へと切り出すきっかけになるのです。女性というのはどうしても異性の目を気にしてなかなかハードルを下げるようなことをしてきません。ですから男の方が率先して切り出すようにしましょう。

エロネタで攻めてみよう!

ハードルを下げるという意味では下ネタも良い方法です。もちろんいきなりハードなエロを切り出してもハードルは下がるどころか、逆に「Hな話題禁止」という空気になってしまいます。そうなってしまうと、女性にセックスをイメージさせにくくなりますからお持ち帰り率は下がってしまうでしょう。 ですから、下ネタに関しては「軽めのネタ」から切り出すようにしてください。
くだらないエロダジャレでもいいですし、「俺Mなんだけど、君はS?M?」なんて質問でもかまいません。また会話でなくとも、ちょっとしたボディタッチでもいいでしょう。少しずつコミュニケーションの中にHなネタを仕込んでいってください。最終的にハードルが下がりきれば、エロ会話が普通にできるようになり、女性にセックスを意識させることができます。そのまま盛り上がっていければお持ち帰りすることは決して難しくはありません。

学生×学生はエロワードをちりばめて

いかにもビッチな露出女は当然食える

意外にもハードルが低いアラサー女性

一騎当千! 超絶美女にも怯むな

喫煙者はファストフード

自己主張の弱い地味子を狙おう

セクハラ未満にボディタッチ♪

≪学生向け指南~何点取れる?≫

Copyright© 2017 肉食系男子必見!合コンマル秘テク All Rights Reserved.