褒めて褒めて口説け

2014-4-5

「人を見た目で判断してはいけない」という道徳的な教えもありますが、これはあくまで理想です。現実には、人は見た目で大いに判断されてしまいます。十人並み以下の外見の男性は、ただそれだけで周囲からさまざまな負のイメージを持たれることになります。挙句の果てには、根も葉もない噂を流されることも…。あなたの素晴らしい内面をしっかり見てもらうためにも、ブ男からイケメンに変身する必要がある、というわけです。

無条件に、「オタク」

ブ男が女性たちからもっとも持たれやすいイメージは、「なんかオタクっぽい」というものです。顔に自信がないブ男たちは、人と話すときに相手の目を見ることができません。軽くうつむきがちに、ぼそぼそと喋ってしまいます。この挙動はまさにオタクそのもの。実際にはスポーツ大好きの体育会系であれ、「オタク」としてみなされてしまいます。

なんか危険っぽいよな…

同様の理由で、常に顔が淡い影に包まれている彼らは、見る者に危険な印象も抱かせてしまいます。「ナイフとか持ってそう」「絶対家で爆弾とか作ってるよ」…犯罪者予備軍として認定されてしまうわけです。仮に心優しい性格をしていても、それが外見に表れていなければ、ほとんど無意味。残酷なようではありますが、現実とはそういうものです。

絶対エロいだろ、あいつ(笑)

ほとんど異性との付き合いがないブ男の顔には、「セックスに飢えています」というニュアンスがこもるものです。男ならばある程度誰でもエッチなものですが、ブ男はとりわけ変態として見られがち。しかも、「ちょっときわどい性癖を持っているんじゃないか」とも思われてしまいます。「あいつ絶対ロリコンだろ」「マニアックなAVとか集めてそう」…。

汚名を返上してリア充へ

負のイメージを払拭するためには、自分を変えるしかありません。しかし、暗い雰囲気だった人間が突発的に明るくなると、それはそれで「あいつ、なんかヤバくない?」と不気味がられてしまいます。ファッションや体型、それから少し顔立ちを変えて、ゆっくりとイケメンへと脱皮していかなければなりません。

イメージで判断されることにうんざりしているあなた! エステに通って、これまで自分を蔑んできた連中を見返してやりましょう。美人な彼女を連れて、彼らの前をニヤニヤと笑いながら通り過ぎてやれば、きっと溜飲も下がるはずです。

学生×学生はエロワードをちりばめて

いかにもビッチな露出女は当然食える

意外にもハードルが低いアラサー女性

一騎当千! 超絶美女にも怯むな

喫煙者はファストフード

自己主張の弱い地味子を狙おう

セクハラ未満にボディタッチ♪

≪学生向け指南~何点取れる?≫

Copyright© 2014 肉食系男子必見!合コンマル秘テク All Rights Reserved.